2018年04月14日

ゲーテとヘルダーリンの続き


昨日、ゲーテの銀杏の葉を訳して力尽きたヤマガミ。
でも、こうやって詩を言葉をじっくりと味わい
ひとつひとつの語句を吟味しながら流れを作るという作業は、
感性と知性をフル回転させてとっても面白かったですね。
久しぶりに、ドイツ語とも真剣に向き合えたし。

ゲーテが巨人としたら、ヘルダーリンは何だろう
さすらい人?
叙情や創作の川を漂い、彷徨い、新たな光を見出し
やがて豊かな水を湛えた泉にたどりつくような
そんな詩人。

昨日はゲーテの詩を訳したので、今日はヘルダーリンの詩を。
さすがに、今日は持っている全集2巻、手塚富雄さんの訳で。

『HÄLFTE DES LEBENS』

Mit gelben Birnen hänget
Und voll mit wilden Rosen
Das Land in den See,
Ihr holden Schwäne,
Und trunken von Küssen
Tunkt ihr das Haupt

Ins heilignüchterne Wasser.
Weh mir, wo nehm'ich, wenn
Es Winter ist, die Blumen, und wo

Den Sonnenschein,
Und Schatten der Erde?
Die Mauern stehn
Sprachlos und kalt, im Winde
Klirren die Fahnen.

「人生の半ば」

黄色い梨はたわわに実り
そして野薔薇は咲き誇り

大地は湖の上に降り、
愛らしい白鳥たち、
口づけに酔いしれて
その頭をひたす

聖らかで冷たい水の中に
ああしかし、どこに求めればいいのだ、もし
冬が来たら、花を、そしてそう
日の光を
地上に射す影を?

石垣は立つ
声もなく冷ややかに、風は
風見を軋ませる。

***

手塚さんはヘルダーリンの詩を訳すにあたってこんな事を書いています。
「交響的とされるヘルダーリンの詩の特徴が『人生の半ば』に見事に凝縮されている
当然だが原文で読まなければその魅力は伝わらない。
一〜三行目の躍動のテンポから、四〜六行目までの抑制へ移り、
七行目で重厚に洗い流される。
八行目のテンポを継ぎ、九行目は三つの節でしみじみと緩やかに波打つ。
十行目の毅然としたアクセントが十一行目でそのアクセントをたおやかに伸ばす
十二行目も結句の始まりにふさわしいアクセント、十三行目にまたそれを受けながら、
しかし「im Winde」が、厳粛な一音を成している。
全体を通して読むと、まさに重奏の調べとしてこの上なく美しい。」

***

私はヘルダーリンが本当に好きなのですけれど
こうやってヘルダーリンの詩をあらためて読むと
巨人は、実はゲーテではなくヘルダーリンかも、と思います。

ヘルダーリンの続き、をまた明日書きたいと思います。

今日のところは、これで!







posted by yukiko at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月13日

ゲーテ、そしてヘルダーリン

ドイツを代表する詩人、ロマン派の巨人といえば
やはりゲーテでしょう。
ゲーテは小説も戯曲も書き、政治や地質学にも精通してましたが
ここでは、詩人ゲーテを取り上げます。

ゲーテはとても端的に、選びぬかれた言葉と韻律で
彷徨う魂や愛の讃歌や自然の移ろいを詩にしました。
例えば、この様に。
Liebe dominiert nicht, sie kultiviert" 愛は支配しない、愛は育てる。

名言です。

ゲーテの代表であり、ドイツで最も愛される詩に
”銀杏の葉” が、あります。

”Gingo Biloba”

Dieses Baums Blatt, der von Osten
Meinen Garten anvertraut,
gielt geheimen Sinn zu kosten,
Wie’s den Wissenden erbaut.
Ist es ein lebendig Wesen,
Das sich un sich selbst getrennt?
Sind es zwey, die sich erlesen,
Daß man sie als eines kennt?
Solche Fragen zu erwidern,
Fand ich wohl den rechten Sinn;
Fühlst du nicht an meinen Liedern,
Daß ich eins und doppelt bin?

銀杏

はるか東洋から来て
わたしの庭にうつされたイチョウの葉
そこには賢い者だけにわかる密かな意味があるのです

これはもともと一枚の葉が二つに分かれたの?
それとも二枚の葉が互いに相手を見つけて
ひとつになったのかしら?

そんなことを考えているうちに
わたしは本当の意味に辿り着きました。

わたしの詩を聴くたびあなたは感じるでしょうか

わたしという一枚の葉でありながら
あなたと結ばれた二ひらの葉であることを・・・。

          訳 by yukiko
本気でドイツ語を訳したら、とてつもない時間が
かかってしまったので、今日はここまで!

我ながら、しかし、良い訳だと思う・・・笑!




posted by yukiko at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月12日

イプシロン、の発表会


イプシロンの年に一度の発表会が迫ってきました。
四月30日まで、あと正味2週間です。

イプシロンって何?という質問をよくいただきますが
これは、Y=ワイ のラテン語及びドイツ語の読み方なのです。
自分のイニシャルが Y.Yで、一緒にこの会社を立ち上げた
他の2人のイニシャルもYだったこともあり
イプシロン・ムジーク(ムジークはドイツ語でミュージックのことです)
という会社の名前になりました。

ピアノだけでなく、ヴァイオリン、歌、そして今回から
ユーフォニアムの生徒さんも加わり、総勢で80名を超える
かなり大掛かりな発表会です。

生徒さん達を教える講師の先生方も熱が入りますし
生徒さん達もそろそろ暗譜、と言って楽譜を覚える頃合で
ドキドキが止まらない時期ですねー!

人の前で演奏するのは、本当に大変だけれど
自分ととことん向き合うとても素晴らしいチャンスでもあります。
今の世の中で、子供達が本当に必死になる瞬間って
あまり無い様な気がするのです。

必死に頑張った記憶。そして何かを乗り越えた記憶。

それが、その子を強くするし成長させていきます。

そのことを先生達は誰よりよく知っています。
だから、一緒に頑張れる、のです。

posted by yukiko at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月09日

ハナミズキ=花木の名

今日は近隣の学校の入学式。
入学式とセットの桜の花はすっかり散って葉桜に。
代わりに連休の頃満開なるはずのハナミズキが見ごろです。

私の母は植物が大好きで、小さい頃は花木の名前を教えてくれました。
幾つもの似た花を付ける花の見分け方、何十種類という
華やかだったりひっそりとした花を伴う木々たちを指差しながら
楽しそうに、その名の由良などを話してくれたものです。

梅、さざんか、椿、桃、花桃、木瓜(ボケ)、沈丁花、木蓮、こぶし
2月半ばから大体この順で咲き、桜と同時に黄色や白の花咲く連翹や雪柳。
続いて咲くのがライラックや花かいどう、そしてハナミズキです。

花木の名前を知っているからと言って、エライわけではないけれど
その名を知ることで、その花と共にある思い出に名がつきます。
もし人に名前がなければ、思い出にも名が付かず、
心の中に留まる時間も短く、どんなにか侘しいでしょう。

花木の名を知っていると、その時に咲いていた、香っていた花木の名が、
思い出のアルバムの表題の様に、インデックスの様に思い出を導き
彩りを加えてくれるのです。正に、色褪せない一ページとして。

一青窈の歌でその名が知られ、桜と共に春の思い出の代名詞になった
ハナミズキ。花言葉は 永続性・私の思いを受け取ってください

街路樹としても沢山植えられていて、今、赤と白のハナミズキは花盛り。
桜は散ってしまったけれど、今年は「ハナミズキ」という花の名と共に、
この新年度の始まりの思い出にしよう、そんな風に考えています。

hanamizuki.jpeg
posted by yukiko at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月08日

体幹=インナーマッスル

昨日は突風が吹いて、正に春の嵐!でした。
今日は昨日より最高気温が8度も低いらしく、本当に
この時期は体調管理に気を遣います。

風邪もいやだし、インフルエンザも花粉症も。
でも、罹らない様には中々ならなくても
きちんとした食事や身体の鍛え方で、軽く済ます事、は
できるようになります。

体幹を少し補強することで、内臓も強くなるし血流も良くなる。
基礎代謝があがるので、ダイエットやメタボ対策にもなる。
しかも筋トレみたいにハードじゃない。
そんなに時間もかからない。
子供の姿勢が悪い、走るのが遅いのも、改善できます。
もう、やるっきゃない!!!

子供さんなどと楽しく遊び感覚でやるなら、バランスいボールを
使ったものがオススメですし、自分ひとりでこそっとやるなら
体幹リセットダイエット、と検索してみてください。
動画付きの方法が掲載されています。

夏に向けて、露出も多くなるし活同量も増えていきます。
楽しく体幹=インナーマッスルを鍛える!と
気合を入れているヤマガミです 笑
posted by yukiko at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月05日

体幹=インナーマッスルとは?


四月から、ジムに入会してくる人が増えた気がします。
やはり、心機一転、暖かくなった春に
何かを始めたい、体を鍛えたい整えたい、と思う人が
沢山いるのですね。

私は筋トレと主に泳ぐのですが、ハードでない体幹トレーニングを
週2回ほど取り入れています。

体幹ってよく聞くけれど、どの部分?
***
筋肉研究の石井直方先生は、体幹を『腹腔を囲む部分』と
定義しています。
腹腔というのは、人間の骨格の中でお腹の部分をいいます。
肋骨と骨盤の間でがらんどうになっていて、
胃腸など腹部臓器を収めている部分です。
骨がないので、体壁や筋肉が内臓や体を支えています。

腹腔は4つの筋肉に囲まれています。
◆腹横筋
◆多裂筋
◆横隔膜
◆骨盤底筋群
これらの筋肉は『体幹深層筋(インナーマッスル)』と言われ、
腹腔を上下左右から囲んで内臓を支え、
また腹圧を高めることで背骨を支えています。
***

これらの深層筋を鍛えるのは、いわゆる筋トレとは少し異なり
(かぶる部分もありますが)腹筋が割れる事はありません。
女性なので、筋肉があまりムキムキしている体より
しなやかで強靭なカラダ作りをしたい、何より健康で
精神を守ってくれる身体が欲しい、と思っています。

お腹真ん中、大切に、ということでしょうか。
アスリートになりたいわけでもないので
あまりハードでなくて、とにかく長く続けられるトレーニングを
と、いう感じです。

ちょっと長くなってきたので、どんなトレーニングか、は
また明日!




posted by yukiko at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月04日

フランスへ


次女がフランス留学のために旅立ちました。

ドイツに留学していた私ですが、ここのところ圧倒的に
フランス人との仕事が多く、関わりが深くなっています。

一念発起して去年秋からフランス語も始め、何とか
日常会話なら(まぁ英語やドイツ語混じりになっちゃうけれど)
話せるようになっています。
ドイツ語くらいしゃべれるようになりたいなぁ、と。

ドイツとフランスは同じ欧州のお隣通しの国とは思えないほど
文化も価値観も人生観も違う様な気がします。
どちらも強固でどちらも魅力的ですが、学ぶならドイツの方が
ストイックで落ち着いて学べる空気があると思うのですが、
感性を刺激される、となると、フランス、の方が少し歩があるかと。

言葉はその国の文化だし、国民性を象徴する、というか
言葉によって日々培われる感性、方向性、志向性は大きいと
そんな気がします。どちらが卵で鶏かはわかりませんが。

ドイツ語は本当に合理的で、妥協のない、緩みのない言語です。
曖昧さ、微妙さ、誤解を招くような要素がとても少ない。
的確で端的で、意志的です。

フランス語は、ドイツ語より感性としては日本語に近いです。
曖昧さ、微妙さ、移ろいのような感覚的なものが
言語の中に含まれていているからです。
しかし発音は、書いてある言葉と発音との間に
大きな隔たりがあり、例えばメトロの駅名を見ても、
どう発音するのかわからないし
その駅名を車内アナウンスで言われても、聞き取れません。

良くも悪くも、かなりアバウトな部分を抱えている。
繊細な部分もありながら、基本的には楽天的。
ケ セラ セラ、なるようになる、と。

音楽を一緒にしてみると、深いけれど軽い。
悲しみや絶望はあるけれど、重苦しくならない。
どこかに、飄々とした人生や愛を達観しているところ
が、あるような気がします。
だから、彼らと奏でる音楽の中には、常に歓びがあり
そこが、たまらない魅力です。

娘は、昼はヴェルサイユのコンセルバトワールに
夜はパリの語学学校に通います。

感性を磨き、様々な体験を糧にして、日々学ぶこと。
娘に負けず、私ももっと学んで生きたい。
人生は学び続けることでもある、と思っています。



posted by yukiko at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月03日

四月・始まりの時


まだ四月の初めというのに、桜は散り新緑の季節も
すぐそこまで来ている感じです。

赤城は、春が一番美しい季節です。
青い空、ゆったり流れる羊雲、清冽な川の流れ
澄んだ色をした風、星降る夜。

そこに今年は満開の桜が加わり、何か日々がとても愛おしく
生徒達との合宿も熱が入りました。
赤城で、心も身体もすっきりと日常の垢を
そぎ落として来た気がしています。

新しく生徒さんが入って来たり、体験入学が始まったり。
一年の始まりは1月ですけれど、ここ日本の社会的な始動は
やはり四月だなと感じます
3月は別れの時。4月は出会いの時。

長く生きれば生きるほど、沢山の荷物や宿題を抱えながら
人生は進みますけれど、四月は一旦それらの荷物や宿題を
脇に置いて、新しい気持ちで リスタート!

心も身体も、フレッシュな状態で四月を過ごして
いきたいなぁと、思います。


posted by yukiko at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年03月29日

春の合宿

 
今日から春の合宿!

赤城山麓に、今回は総勢7人で行って来ます。
もう何年目だろう?
25年目?30年目?
体力が何歳まで持つのかなぁ
今回は新2年生から大学3年生まで。

「大変でしょう?」と良く言われるのですけれど
まぁ3食私が作るし、水泳とピアノを教えながら
人生相談にものる、というハードな日々ですが
こんなに楽しいこともないよって言うくらい、楽しい!

生徒達と日常を共にして、若いパワーをもらいながら
赤城の自然の中で、生き生きと体中の細胞が呼吸して
行く感じです。

と、いうわけで、ブログは4日間お休み!
ネット環境のないやまのなかで がんばってきます!!!
posted by yukiko at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年03月28日

演奏と発表の違い


温かいを通り越して、もはや暑い!
まだ3月だというのに、初夏の様相ですねー

演奏会、と、発表会。
普段のお稽古、努力の成果を舞台の上で披露する、と
言う点で同じ行為ですが、この二つには
天と地ほどの差があるのでは?
と私は思っています。

例えが正しくないかも、ですが、歴史の教科書を執筆するのと
歴史小説を執筆するのとの違い、といえばいいのか、な。
う〜ん、説明するのは難しいのですが、
日頃の努力の成果をその生徒なりに演奏家なりに懸命に弾けば、
発表は成り立ちます。

でも、それだけでは演奏にはならない。

演奏に必要なものは、その人の個性、ピアノ・音楽・人生との
向かい方が、表現として現れていなければなりません。
演奏する曲の背景を知り、作曲家の意図を楽譜から読み取り、
自分の感性や技術を駆使して自分の言葉にしていく。
時間軸に従って時に物語をつむぎ、時に自然の描写に寄り添う。

情景や物語や感情や描写が、聴く人の心の中に浮かんでくる様な
まるで、タイムトリップしてその時だけの空間に
心を委ねているようなそんな舞台が、演奏、なのだと思います。

さて!今日も素敵な演奏を目指して、レッスンが始まります。

posted by yukiko at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記