2013年03月22日

カラオケ

ちょうど私が大学生になったころから、一般的な楽しみとして定着した
カラオケ。
昔はカラオケボックスなんてないから、飲み屋さんに行って
1曲100円とか払って、そこにいるお客さん全員の前で歌う、みたいな。
かなり恥ずかしいものでした。

ずっとクラッシックの声楽を習っていたせいた、いわゆるフツーの
洋楽やら歌謡曲が歌えない。
まさかベルカント唄法で、歌謡曲を歌うわけにはいかないし。
なので、いつも聞いているだけ派。
自分では決して歌わない。
自分からカラオケに行きたい、とは全然思わない。
誘われて、断ると失礼だとか、大人げない、という時だけ
小さくなって、隅の方に座って、なるべくこちらにマイクが来ない様に…
だから、全然面白くない!

でも、この何年かで子供たちや友人とカラオケに行くようになりました。
子供たちはお友達同士で学校帰りに行ったりすることがフツーな様で
私なんかより全然慣れ親しんでいます。
最初の頃は、行ってもほとんど聞いているだけで、自分で歌うのはまぁ2曲かな?
でも、この頃、段々に色々な曲に挑戦してみよう、と思える様になりました。

ピアノを弾くことで、自分の表現意欲は満たされているし、それ以上の何かは
自分には必要ない、と思っていました。
でも、本当に声を出して歌うのは、肉体的に精神的に解放感があって
楽しい!ことに気づいてしまったヤマガミ。

腹筋使って、思いっきり声を出すのって、とっても健全で楽しい娯楽なんだ
と思っています。

これからも、少しずつレパートリーを増やして、楽しむぞ。

歌なら、70歳、80歳になっても歌えるしね。

友人家族の皆々様。しばらくヤマガミの悪声にお付き合いください。
posted by yukiko at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/63959469
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック