2012年10月20日

脳の成熟期

黒川伊保子さんという、脳をエンジニアリングの立場から研究し、
株式会社 感性リサーチ 代表取締役社長でもある人のインタビューを聞きました。
脳は年齢とともに退化したり老化するのではなく、60歳に向かって成熟していくし
その後も、脳の使い方によっては進化を続ける、という話です。

とても、勇気をもらったし、私、大丈夫だ!と自分の脳に幸せ力を見出しました。
大体の要旨を書き出してみたいと思います。

***
脳は一生、穏やかに成熟しながら階段を登っていくもので、アンチエイジング
ということを言う人たちは、ある年齢の脳を頂上に見立てて、そこから階段を
降りないようにしようという考え方だと思います。

脳というのは、生殖適齢期、つまり子供を生んで育てるときに、もっとも過敏に動きます。
記憶力もすごくあるし、100なら100、全てを読み取る力もある。
それを短期間で処理する力もある。いわゆる頭のいいといわれる状態ですね。
これは動物でもそう。今日落ちた穴に、明日も落ちていたら、えさは永遠に巣に運べない。
子育て期間中は、記憶力が生きる力の必然なんです。

人間は18歳から20代までは、記憶力もはたらくし、多数のことを処理する能力が
もっとも働く時期なんです。だけど、そういう時に、物事を俯瞰する能力は働きにくい。
目の前のことを処理することはできても、長期的に物事をとらえられない。

でも、脳が成熟してくると、達観して、より本質的なことを見極められるように
なるんです。物事を、遠く、高く、深くみることが出来るようになるんです。
脳の質が変わっていくんですね。余分なことは忘れるようになる。

若いときは、短い軸索のニューロンがくちゅくちゅ動いているんです。
どうしても左脳偏重型になって、つかみに力が弱くなる。見通す力、待つ力がないんです。
それが、30代後半になってくると、そういう力がどんどんでてくるんですね。

そんな時に記憶力がちょっと弱くなったからと、脳をちょこちょこ使う力を鍛えてどうするの?
本来、次のステージに上がるべき脳の力なのに。
だから、脳のアンチエイジングってほんとナンセンス!何を考えているんだと。
私たちの脳は完成に向かってゆっくりと成熟しているから、いつだって1年前より
高いところにいるんです。

なぜ世の中の人たちが、短い軸索のニューロンのくちゅくちゅ動くものにこだわっているのか。
つまりテストの点数なんかは、とれるわけですよ。そっちのほうが。物忘れもしないしね。

でもなんで、その20代の脳を、人間の脳にとって一番いい状態と過信するのか、
それから成熟していく脳を、まるで悪くなっていくかのように捉えるのか。
それが不思議なんですよね。

短い軸索のニューロンと長い軸索のニューロンは同時に同質には活性化できないんですよ。
計算の得意な脳は、予知能力は低いし、生物としての魅力も低いはずなんですよ。
だから、そういう未成熟の脳を最高とみたてて、みんながそこに向かって伸びようというのが、
私には理解不能。
***


幸せというのは、脳の状態が幸せであることだ、とする黒川説。
う〜〜Nn,納得です。

posted by yukiko at 16:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
omzegzzz34, <a href="http://weakshare.com/_.html">テ青ソテ青セテ堕テ青ステ青ー テ青ソテ青セテ青エテ堕テ青セテ堕�テ堕づ青コテ青セテ青イ</a>, rugKEXB, [url=http://weakshare.com/_.html]テ青ソテ青セテ堕テ青ステ青ー テ青ソテ青セテ青エテ堕テ青セテ堕�テ堕づ青コテ青セテ青イ[/url], AEDqame, http://weakshare.com/_.html テ青ソテ青セテ堕テ青ステ青ー テ青ソテ青セテ青エテ堕テ青セテ堕�テ堕づ青コテ青セテ青イ, RgkTZDg.
Posted by テ青ソテ青セテ堕テ青ステ青ー テ青ソテ青セテ青エテ堕テ青セテ堕�テ堕づ青コテ青セテ青イ at 2014年06月10日 06:04
ajzbezzz34, <a href="http://filesnick.com/Porno_Pa_Ol.html">Porno PaテδアOl</a>, HNDiAvy, [url=http://filesnick.com/Porno_Pa_Ol.html]Porno PaテδアOl[/url], DiEXVaw, http://filesnick.com/Porno_Pa_Ol.html Porno PaテδアOl, FWTLgbr.
Posted by Porno PaテδアOl at 2014年10月11日 00:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59383825
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック