2012年05月17日

最近観た映画・インハーシューズなどなど

今年に入ってからPCを開く時は必ずセットで、事務系のお仕事が
もれなくついてきて、それはそれは細々コマゴマとやることが沸いてきて
1時間?と思っていても必ず2時間はとられる、という現実〜。
ブログを書く暇も、ネットサーフィンをする時間もないっっっ。

忙しいのはほかの時間も同じなので、映画大好きなのに今年に入って映画館に
行けたのは3回!!!しかないのですけれど、ツタヤ通いでDVDを真夜中に
観ながら、何とか映画浴を解消しているヤマガミです。

15本くらいは観たであろう今年借りたDVDの中で最近の一押しは
キャメロン・ディアスと豪の名女優トニ・コレット主演のイン・ハー・シューズ。

弁護士というキャリアはあるが、太目がコンプレックスで自分を抑え続けてきた姉、ローズと、
難読症という障害を抱え、落ちこぼれてルックスだけで人生を切り抜けてきた妹、マギー、
そして、娘の死を背負い続ける祖母、エマという3人の女性が、それぞれにぴったり合う
自分だけの靴(人生)に出会っていくドラマ。

ローズを演じたオーストラリア出身の実力派トニ・コレットは体重の増減に挑み、太目の冴えない
弁護士がから、柔らかく美しく輝くような女性への変化を表現。マギー役のキャメロン・ディアスも
セクシーだけが取り柄の、自堕落な女の子が自分らしさを発見し成長していく姿を
見事に演じきっています。

彼女達の祖母エマに扮したのは、私の大好きな大女優のシャーリー・マクレーン。
娘の自殺と、二人の孫娘への心の重荷を抱えつつ凛と生き、マギーを受け入れ、ローズを支えつつ
自分の心の重荷も消化させていく姿がホントに素敵です。

決して重くなく、でも自分らしい生き方を掴むまでの葛藤や苦悩はちゃんt表現してあり
爽やかというのか、うん、いい映画を観たなぁと心に深く響きます。

封切作品ではテルマエロマエを観てきました。
面白かった!ストーリーも阿部寛も良いですがプラス音楽が素晴らしいです。
イタリアオペラの名曲、名アリアを久しぶりに堪能しました〜>

終了してしまいましたが、ドイツ人の天才ダンサー・ピナ・バウシュのドキュメンタリー映画も
中々見応えがありましたね。でもやっぱり彼女の実際の舞台にはどうやっても敵わないな。
ドイツで観たカフェミラージュは、忘れられない衝撃の舞台でした。。。。。

あぁ、本当に映画っていいなぁと思います。
宇宙兄弟もいいらしいし、今週末には愛するジョニデさまのダークシャドウも公開。
頑張って、映画館に行こう!

posted by yukiko at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55919184
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック