2009年09月16日

フランスより

娘がフランスとドイツの短期留学から帰国しました。おみやげが
いっぱい〜〜!

ナターシャのお母さんのイザベルや親友のEvelynからも託されて
いるので凄いです。でもぜ〜〜んぶ食品!(笑)チーズが4種類
サラミ、パテの缶詰、トマト&アンチョビペースト、Eveが育てた
じゃがいも1ヶ!紅茶にショコラペースト、ハーブ岩塩、パスタ!
(ラザーニャの皮〜〜)それにサンテ・ミリオン!!!!!(フランス
産赤ワインの最高峰の一種)

あ〜^しばらく高脂質&高カロリーの食卓になりそうだ…我が家
のバジル&トマトも復活しているし、明日は頑張ってラザーニャ
でも作るかな〜。

イザベルからお手紙が来て、ナターシャが変身してとても一生懸
命ピアノを弾いていることや、音楽や勉強に希望を見出して前向
きに生活していること、そしてそんな彼女の手助けをしてくれて
本当にありがとうという感謝が書かれていました。

ナターシャにとって日本という憧れの異国での生活や親元を離れ
て初めての長期生活が、きっととても良い緊張感にもなって、私
の助言やレッスンや生活が、まっすぐに彼女の心の中に入ってい
くことが出来たのだと思います。お互いにとって、素敵な幸せな
出会いだった、と思っています。

大阪から来ていたMidoriさんもそうですけれど、わざわざ新幹線
に乗って泊りがけでレッスンに来る、ということは、日常を離れ
自分という存在を正面から深く見つめるチャンスにもなります。
懸命に何かを掴もうともします。来週もレッスンがある、いつで
も助言を受けられる、という甘えはないですよね。だから真摯で
必死で懸命です。こちらも出来る限り多くをよりよく分かり易く
伝えようと必死です。そういう緊張感や昂揚感の中から生まれる
絆や音楽。その時間の中に、私にとっても幸せな発見があります.

人と人との出会いは、奇跡のようでありながら必然でもあると感
じます。人生に必死に求めるものがあり懸命に探し、やがて出会
いがやってくる。感性の高まりや強い欲求が発露して、惹かれあ
うものを探しだす。多くの出会いの中から同類を嗅ぎ分けて友と
なる。気づかなくでも人は、アンテナを掲げてパワーを発散して
いるものだと思います。何かに反射する。行動したり感じたり。
そういう中に出会いはやってくるのだ、という気がするのです。

誠実で良いパワーを発散し、前向きで情熱のある生き方を目指し
思いやりや慈悲の心を磨いて、深い精神的な眼差しを獲得する。

幾つもの大切な出会いを通して、私はそんな理想を掲げるように
なりました。それはそれらの人たちのお陰だと思っています。
ナターシャもMidoriさんも、その大切な出会いの一つなのだと、
イザベルにもMidoriさんのお母様にも、感謝を伝えたいと思いま
す。 私のほうこそ、ありがとうございました!


posted by yukiko at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32176523
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック