2018年06月25日

戦うという事

昨夜、というのか今朝というのか
明日のパリ行きの荷造りをしながら
サッカーWカップ/日本対セネガルの
試合を観ていました。
ハラハラドキドキ、熱い戦いでしたね〜
サッカーは詳しくなくそれ程 Funでも
ないので、語ったり批評は出来きません.

ただ感じたのは、セネガルの選手達の
体の大きさ強さと,彼らのプロレス?
肉弾戦?サッカーとは思えない激しさ
と、攻撃性でした、
凄い数のファウル。イエローカード。
形振り構わぬ、というよりそれが戦略の
様で恐ろしくないのかな?と日本選手の
体が心配になるほどでした。

でも日本選手 負けていませんでしたね!
サッカーの試合ではあるけれど、これは
正に生き残りをかけた「戦い」なのだと
アンフェアとかフェアとか言ってる場合
じぁない戦場なのだな、と感じました。

そう、戦う、ことの本質がむき出しに
なった試合だったなぁと思います。

勇気、男気、戦う力を見せてくれた
サムライ・ジャパン!ブラボー!!!!!

次の試合はパリの空の下なので、観られ
ないけれど、心から応援しています””

posted by yukiko at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183636369
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック