2018年06月23日

Parisの記憶=日高先生のこと

0D1D7017-8F48-4083-BE6C-E50621414805.jpeg19945F38-7412-4559-A1E2-54EB6D174AC0.jpeg
Facebookに載せた記事を転載します。
渡仏前の気が狂う程忙しいのですがブログは
お休みしたくなくて…Facebook読まれた方は
重複でスミマセン!

***
日高六郎先生との最後の仕事となった、
作曲家原博氏の追悼アルバム。
文化庁芸術祭参加作品に選出された。
もう10年以上前のことになるのか。
原先生の笑顔、六郎先生の温かくて強い
励ましの言葉
「山上有紀子の音楽は豊かな海である」
,..つい昨年の事の様。高潔な魂は滅びない。
ご一緒させて頂けた幸せは奇跡の様な
出会いだったのだとただ感謝しかない。
***
posted by yukiko at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183620828
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック