2018年03月27日

理不尽さ、について


生きていると、まっこと理不尽な目に遭うことがあり
ワタクシが一体何をしたというのだっ!!!と
嘆けども、怒れども、叫べども、どうにもならない事態に
身もだえしつつ、耐え難きを耐える、時があります。

若い頃は、それで体調を崩したり、精神的にやられてしまう事が
ありましたが、それなりに経験を積むと、理不尽なことにも
意味はあるのかもしれない、と考える様になりました。

天災や病気なら、それがどんなに理不尽な事態でも
生き残るべく全力で戦おうとするのでしょうが、裏切りやとばっちり
関係のない場所から火の粉が降りかかって大火事、なんて時は
戦う術も為す術もなく、痛みが癒えていくまで耐えることしかできません。

それでも、その理不尽な事態から逃れることができないのが人生なら
生きるうえで、常になんらかの理不尽さと隣りあわせなのなら
そこから何かを理解し、起きたことへの意味を見出したいと
そんな風に思います。

多くの生徒や人たちと深い関わりを持ち、そしてその人達を愛せば、
裏切りは付きもの、信頼と裏切りは、実は表裏一体のものなのかもしれない
と気付きます。
愛とか長年の信頼関係は、とても重く、時に心を拘束されると感じる事も
心を拘束されると共に行動も縛られると思う事もあるのかもしれません。

愛されるがゆえ、長年の信頼関係であるがゆえ、心の隙間に甘え、おごり、
そして何かしらの誘惑が入り込むのは、それが長年になればなるほど
仕方のないことかもしれません。

愛が反転して憎しみに変わることがある様に、信頼と裏切りとも
鏡の表と裏のようなものかもしれない、とそんな風に今は捉えています。

そう理解したところで、傷つくことは同じなのですが
それでも、そうやって人の弱さ、脆さ、に気づいた時、
何かが少し癒える気がします。

桜が、もう散り始めました。

そんな風に、潔く、見事に、痛みを受け入れられる強さを持ちたい。


posted by yukiko at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記