2018年03月29日

春の合宿

 
今日から春の合宿!

赤城山麓に、今回は総勢7人で行って来ます。
もう何年目だろう?
25年目?30年目?
体力が何歳まで持つのかなぁ
今回は新2年生から大学3年生まで。

「大変でしょう?」と良く言われるのですけれど
まぁ3食私が作るし、水泳とピアノを教えながら
人生相談にものる、というハードな日々ですが
こんなに楽しいこともないよって言うくらい、楽しい!

生徒達と日常を共にして、若いパワーをもらいながら
赤城の自然の中で、生き生きと体中の細胞が呼吸して
行く感じです。

と、いうわけで、ブログは4日間お休み!
ネット環境のないやまのなかで がんばってきます!!!
posted by yukiko at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年03月28日

演奏と発表の違い


温かいを通り越して、もはや暑い!
まだ3月だというのに、初夏の様相ですねー

演奏会、と、発表会。
普段のお稽古、努力の成果を舞台の上で披露する、と
言う点で同じ行為ですが、この二つには
天と地ほどの差があるのでは?
と私は思っています。

例えが正しくないかも、ですが、歴史の教科書を執筆するのと
歴史小説を執筆するのとの違い、といえばいいのか、な。
う〜ん、説明するのは難しいのですが、
日頃の努力の成果をその生徒なりに演奏家なりに懸命に弾けば、
発表は成り立ちます。

でも、それだけでは演奏にはならない。

演奏に必要なものは、その人の個性、ピアノ・音楽・人生との
向かい方が、表現として現れていなければなりません。
演奏する曲の背景を知り、作曲家の意図を楽譜から読み取り、
自分の感性や技術を駆使して自分の言葉にしていく。
時間軸に従って時に物語をつむぎ、時に自然の描写に寄り添う。

情景や物語や感情や描写が、聴く人の心の中に浮かんでくる様な
まるで、タイムトリップしてその時だけの空間に
心を委ねているようなそんな舞台が、演奏、なのだと思います。

さて!今日も素敵な演奏を目指して、レッスンが始まります。

posted by yukiko at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年03月27日

理不尽さ、について


生きていると、まっこと理不尽な目に遭うことがあり
ワタクシが一体何をしたというのだっ!!!と
嘆けども、怒れども、叫べども、どうにもならない事態に
身もだえしつつ、耐え難きを耐える、時があります。

若い頃は、それで体調を崩したり、精神的にやられてしまう事が
ありましたが、それなりに経験を積むと、理不尽なことにも
意味はあるのかもしれない、と考える様になりました。

天災や病気なら、それがどんなに理不尽な事態でも
生き残るべく全力で戦おうとするのでしょうが、裏切りやとばっちり
関係のない場所から火の粉が降りかかって大火事、なんて時は
戦う術も為す術もなく、痛みが癒えていくまで耐えることしかできません。

それでも、その理不尽な事態から逃れることができないのが人生なら
生きるうえで、常になんらかの理不尽さと隣りあわせなのなら
そこから何かを理解し、起きたことへの意味を見出したいと
そんな風に思います。

多くの生徒や人たちと深い関わりを持ち、そしてその人達を愛せば、
裏切りは付きもの、信頼と裏切りは、実は表裏一体のものなのかもしれない
と気付きます。
愛とか長年の信頼関係は、とても重く、時に心を拘束されると感じる事も
心を拘束されると共に行動も縛られると思う事もあるのかもしれません。

愛されるがゆえ、長年の信頼関係であるがゆえ、心の隙間に甘え、おごり、
そして何かしらの誘惑が入り込むのは、それが長年になればなるほど
仕方のないことかもしれません。

愛が反転して憎しみに変わることがある様に、信頼と裏切りとも
鏡の表と裏のようなものかもしれない、とそんな風に今は捉えています。

そう理解したところで、傷つくことは同じなのですが
それでも、そうやって人の弱さ、脆さ、に気づいた時、
何かが少し癒える気がします。

桜が、もう散り始めました。

そんな風に、潔く、見事に、痛みを受け入れられる強さを持ちたい。


posted by yukiko at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年03月26日

REBORN

皆様、ご無沙汰でした!

沢山の季節が過ぎて・・・4年余り・・・

このブログに悪意のあるコメントが頻繁に書き込まれる様になり
HPから同じようなメールも届くようになって
かなり怖くなって書くのをお休みしていましたら
あっという間に4年余りの月日が経ってしまいました。

そういうSNSでの攻撃に加え、手の故障が完治したと思っていた頃ぶり返し、
追加して更年期も重なって軽い欝になり、小さなコンサートをこなしながら
一生懸命にレッスンしたり、山を歩いたり、読書したり。
沢山のことを感じ、考え、沢山の試練を乗り越えてきた様な気がします。

去年、やっと精神的にも完全に復活して演奏活動を本格的に再開しました。

でもブログの方は、これだけ経っても時々怖いメールが来て中々再開できず・・・
けれどもこんなにお休みしているのに、毎日毎日多いときは100名を越す
訪問数があり、本当にそれは感謝の気持ちでいっぱいで・・・
このままではいけないし、負けないぞ!と勇気を持って再開することにしました。

桜が満開です。
咲けば散るのが定めの儚さが、桜の最大の魅力でしょう。
満開の華やかさの中に、一瞬の夢を見させてくれる・・・幻の様な美しさ。
命、や、運命、や、理(ことわり)、や。

卒業、就職、引越し、そして再スタート。

REBORN,,リボーン、に思いをこめました。

ここから、ブログ復活!です!!!

2013 sakura yono.JPG
posted by yukiko at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記