2013年09月09日

オリンピック開催決定に思う事

2020年に、東京でオリンピックが開催されることになりました。

私も朝5時15分に起きて、ニュースを見ていました。
決まった時には、良かったと素直に感激しました。

でもどこかで、本当に良かったのだろうかと問いかけている自分がいます。

五輪開催そのものは、良いことの方が多いと思います。
ごく短期的にではあるけれど、経済は上向きになるでしょうし
(実際に今日の東京株式市場はゼネコンや土地取引、建設関係を中心に大幅に値上がり!)
五輪に向けて、何か希望のようなもの、夢のようなものを持つことができるのではないか
という期待があります。

良い面があれば、必ず同じだけのマイナス面もあるはずです。

五輪関連の企業や分野には、国のお金も回るでしょうし株価も上がり、実際に仕事も
増えて喜ばしい半面、そこに使われるお金が、本来、本当に必要な人達や企業に
回らない可能性があります。
具体的には、震災の復興と原発の問題解決のためのお金です。

福島の原発問題を抱えた街では、がれきも何もかもがあの時のままです。
放射線量が高くて、手が出せない、という現実の前に、流された家も家財も、車も船も
何もかもがあの日のままに放置されています。
そしてその無残ながれきの中にはまだ、100人を超える死体が埋まっていると言います。

残された人々の暮らしも、実はそのままなのです。
引っ越すこともできず、がれきや死体の埋まる海がわずかに見える借りの住まいに
将来への不安、健康への不安を抱えて、なすすべもなく
日々をやり過ごす人達。
「津波も地震も何とか受け入れられる。どんなにそれが悲惨なものであっても
そこから前を向くこともできると思う。でもこの原発の問題だけは、どう向き合ったらよいのか
どうしたらよいのか、何をすべきなのか、皆目わからない。
明日が見えない。心の整理もつくはずがない。まだそこに見えない放射能があって
そこから何を始められるのか、何も解決できていない。」

福島の子供たちから「絶対にオリンピック開催を勝ち取ってきてね」と頼まれたんだと
吉田選手が言っていました。だから開催が決まって嬉しい、あの子たちに夢をプレゼント
できると。

確かに、それは一つの夢になるかもしれない。
けれども、その前に今の暮らし、明日の健康、それが見えてこなければ
どうやって明日を信じて、夢見ることが許されるのでしょうか。

安倍総理は汚染水の問題について、完全に把握しており万全の対策を取ると、プレゼンしました。
今、この時も、どれほどの放射線量の汚染水が正確にどのくらい流出しているのか
完全に把握はできていないというのに、問題を完全に把握できるわけがない。
福島の人たちの明日が何も見えていないのに、万全の対策がとれるわけがない。

夢をみることと、夢物語を語ることは違います。
その夢を、実現することが、夢を見させる側の責任なのですから。

オリンピックに夢を託す人達のためにも、福島の問題を、原発の是非を
その責任の所在を、恐れず国民に差し出して、一つずつ、着実に
皆の力で解決していこうとすること。その必死の努力が本当の夢を生むのだと
夢を実現していく基礎となるのだと、私は思います。


posted by yukiko at 21:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記