2012年04月30日

イプシロンの発表会、無事終了です!

昨日は、イプシロンピアノクラブの発表会でした!

休日、そして晴天の中、朝9時からのリハーサルに始まり
発表会本番、講師陣によるチャリティーコンサート、そして写真撮影が
終了したのが5時!長かったけれど、本当にみんなよくがんばりました!

全員とっても立派でした。
ぴあのくらぶの発表会参加生徒さんは58人、ヴァイオリンくらぶが9人
うたくらぶが4人。
ピアノとうたの両方に参加、という生徒さんもるので合計65名!

ピアノクラブの生徒さん、ヴァイオリクラブの生徒さん達は
初めて参加の生徒さんも、初めて!とは思えないほどしっかり演奏していましたし
2度目、3度目という生徒さん達は、全員去年より格段に成長した姿を見せてくれました。
講師の先生方の苦労や努力も垣間見えて、感動です。

うたクラブの発表会参加は2回目で、前回は2年前で1人だったのが今回は4人。
全員、本当にのびのびとした発声と歌心があって天使の声みたいに聴こえてきましたっ!
感動です。

そして講師陣全員による東日本大震災復興チャリティコンサートは
全員、とっても!素晴らしい演奏でした。
それぞれの力量が発揮されて、本当に感動的なコンサートになりました。
私も、きっちりと演奏できたので、うれしかったし、ほっともしましてね〜

発表会とい一大イヴェントを終えて、とても良い教室に育ったなぁと
感慨深いものがありました。
今回で9回目ですけれど、これだけ充実した内容の濃い発表会&演奏会が
開催出来るようになったのだと、10年という歳月がよりよく積み重ねられて
こういう結果を伴うようになってきたことに、感謝です。

講師陣全員、本当に演奏力、指導力共に素晴らしく、子供たちへの愛、音楽への
情熱、努力や工夫に信念が感じられて、こんなに素晴らしい人たちに
恵まれたことに、そしてそれに応えて頑張っている生徒さん達全員に
心からありがとう、と言いたいです。

さぁて明日5月1日から、イプシロンの新年度が始まります。
新しい年度も、一歩前へ、音楽を通して自分を好きになれる、なりたい自分に近づける
そんなお教室目指して、がんばります!!!
posted by yukiko at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月06日

イプシロン発表会

毎年、4月29日(祝)に開催している、イプシロンの発表会。
今年も、あと3週間ちょっとに迫ってきました。

第一回はイプシロンの生徒さんが8人、そこに私の直接の弟子達も参加させて
15人ほどでスタートしましたが、8回目になる今年は69組の参加者を数えるまでに
成長しました。

ピアノだけだった第一回目。4年前からヴァイオリンや歌が加わり、来年は
フルート部門も増える予定です。色々な形で音楽を楽しみ、音楽と共に人として
成長出来る、大切なものを共有できる、そんな教室を目指して、そんな演奏を
めざして、子供達も大人の方々も、生徒さんも先生方も一緒に素敵な発表会に
したいと頑張っています。

今日はプログラムの下原稿が出来ました。
2月末から、事務を引き受けてくれているIさんと朝から原稿作り。
色々な名前があります。色々な曲があります。沢山の作曲家がいます。
1人1人、一つ一つ、1曲1曲、慎重に丁寧に原稿を作りながら、
あぁこの子は、今年はこんなに難しい曲を弾くんだ!とか、赤ちゃんだった
Yちゃんの妹さんが、今年から発表会に出るんだ、などなど感慨深いものが
あります。

苦労していたPC関係も、やっと何とか軌道に乗り、新学期を迎えて発表会を控え
事務関係の仕事が一年で一番忙しいこの時期に、間に合ったかな、とほっとしつつ
次から次へと押し寄せる仕事に、Iさんと格闘しているヤマガミ。

事務仕事は、あんまり好きくないんだなぁ、実は。

でも、いくら小さな会社といえども、会社組織のトップとしては、そこを見過ごす
わけには絶対にいかないので、ぐゎんばってやっています。
やるからには、その気でやらないとね。嫌々やっていてもろくな事にならない!

それにしても、有能なIさんに感謝!

さぁて、明日はプログラムを完成させるぞっ!と。


posted by yukiko at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月05日

春合宿

今年も赤城に春合宿に行ってまいりました!

今年の赤城はいつもより寒かったせいか、春まだ浅きという感じ。
やっと桃や梅が咲いているけど、満開まではまだかな。
桜?いやぁ、つぼみだって固い感じでした。

でも、その分、なんというのか清冽な美しさ。
透明感があって、いつも赤城の春は最高に美しいと思うけれど
今年は、なおさらな感じ。
空の青さ、星の美しさ、芽吹き始めた木々のうれしさ。

生徒たちは、それぞれに頑張りました。
その中で、とても大切な気づきと成長があったのがRyoくん。
白鳥、という星座をテーマにした曲やバッハのインヴェンションで
音色や音のつながり、表情、繊細で緻密な音楽表現に目覚め
追求したい、表現したい、という強い欲求が生まれたのがわかります。

そういうものに一生目覚めない人もいるし、11歳で目覚める人もいる。
そこが、多分、音楽家としてやっていけるか、向いているのか、の分かれ目。

赤城の春で芽吹いたRyoくんの感性。
大切に、育てていきたいと、心から願うヤマガミです。


そうそう、強烈な花粉症かと思っていたのですが、実はインフルエンザ!
に罹っていたということで・・・熱もほとんど出ないし・・・
「鬼の撹乱ですね!」t生徒のお母様に言われました。

インフルエンザ&合宿で、しばらくぶりのブログ更新。
ご心配くださった皆様、すっかり元気!です!!!

posted by yukiko at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記