2012年02月17日

信頼、と、愛、と、絆

よく、愛する、という定義について言われるし書かれている。

信頼と尊敬、この二つが愛には不可欠、という定義がある。

でも、一目見たとたんに、例えば子供のことは愛さずにいられない。

生まれたての赤ん坊に、人格は求めていない。
信頼とか尊敬とか、そういう概念を持とうとはしない。
わが子をこの胸に抱いた瞬間に、確かな愛が生まれる。
それは、確信であり、絆であり、逃れられない運命。

一目ぼれ、というのがあるけれど、あれもそんな感じ。
目と目があった瞬間に、握手をしたその刹那に、恋に堕ちている。
その人の名前、年齢、既婚か独身か、どんな学歴か、どんな趣味なのか、
全然知らないのだから、信頼も尊敬も関係ない。

恋する、と、愛する、という言葉を、日本語は使い分ける。
でも、欧米の言葉にはその違いはない。

所謂、恋フェロモンが出て恋は盲目状態の間は恋で、その後も
恋フェロモンが無くなった後も、続く感情が愛、という風に
日本人は多分、心の中で定義しているのだろうと思う。

家族に対して、恋はしてないけど、愛している、という風に日本人は
感じているし、そういう風に愛情の種類というのか微妙な感覚の違いを
言葉に出来ている、ということは、日本人の感性が素晴らしいからだと思う。

でも、というのか、だから、というのかはわからないけれど
愛することに定義は要らない、という気がする。

子供は色々な問題難題をふっかけてくるから、常に信頼できるわけじゃないし
頭を抱えることも一杯あるけれど、でももし自分の子供が悪党になっても
愛している事に変わりはないだろうと思う。

愛するという、この感情=気持ち=心理は、相手がどんな状態でも
性格が悪くても、裏切られても裏切っても、それでも繋がりを
断ちたくない、どこかで繋がり続け、そしていくらかでも良い関係を
築いていくことができないか、何か役には立てないか、と、心の深い
処で、関係の持続を求めるもの、つまり絆を感じていたいと
いうものなのではないか、という気がする。

最近、何十年と続いてきた友人との関係が、とても悪化していて
友人の状態、態度の酷さに参っていて、その言動にとても傷ついていて
これで、もうこの何十年来の友人を失うのかなという悲しみが
あったのだけれど。。。

信頼していなくても、尊敬できなくても
それでも相手といつかより良く繋がれないか、いつかまた楽しく
話ができる日がくればいいと願っている自分に気付いた時、
それが絆だろうし、そういう自分がいる限り、友人を失うことは
ないのだと思っている。
そういうことが、愛するということなのかもしれない。
posted by yukiko at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年02月15日

ざぶ〜〜ん

やってきました!新しい洗濯機!!!

ざぶ〜んという名のアレです。
すごいね、最新式の洗濯機って。感動です。

まず、ありとあらゆる設定が自由にできる。
洗濯時間、すすぎの回数(今までのは1回だけのすすぎという設定ができなかった)
&注水すすぎか溜めすすぎかの選択(今までのその表示すらなかった)
脱水の分数、ドラムの回転速度?=大物洗いかソフトか普通か強めかなど
乾燥の時間、乾燥の状態(ソフトか、きっちりか、中干しありかなどなど)

洗濯だけ、すすぎだけ、脱水だけ、乾燥だけ、すべてあり(今までのは出来なかった)

全体にかかる時間を30分と決めると、それに合わせてプログラミングされたり
(当然、今までのはありえない)

残り時間の表示も正確(今までのは、微妙に伸び続けた)

大体いくらかかるか?なんて表示も打ち込めば出てくるらしい。

今までのは乾燥は電熱線だったので、電気代半端無く高く、冷却のために水を流し
続けるので、水道代もばかにならずエコとは無縁。
でも、梅雨時、こんな風に寒くて天気が悪い日が続く時期などなど使うしかない
って時も多いわけで(特に息子の運動に使うものたち〜)

でも、今回のはヒートポンプ式なので、電気代は5分の1で済み冷却水も要らないし
実際20分のソフト乾燥をしてみたのだけれど、ふわっと柔らかく仕上がって、凄い!
洗濯そのものも、今までのより綺麗に仕上がっています。

そして、静か。
今までのは脱水時にがたがた揺れて、上の物が落ちてきたり
騒音もかなりのものでした。夜遅くには洗濯機を使うのはためらわれます。

でも、今度のものは、ぶんぶん回っている時もびくとも揺れない!
当然騒音もない。静かです。

これまで、あまり気にしていなかった洗濯機。
どれもあまり変わりはないのではないか、と思ってきました。
7年半前までは、いわゆる普通のやつで(ドラム式ではないやつ)
7キロ洗いで家電メーカーとして名前があって、安ければと選びました。
洗濯ものはもつれて、絡み合って、干す時に大変な思いをしていました。

最近まで使っていた初めてのドラム式は、たまたま引越しの際に近くに
大型店が新規開店し、その目玉で出ていたもので、正直今回の様に
必死に情報を集め検討して、ではなく、ドラム式がこの値段?いいじゃない!
という勢いで買いました。

でもね、こうやって比べてみると、エライ違いです。
経済効率、時間的な効率、そして仕上がりに対する満足度。
勿論、7年半前と今という時間軸の違いもあるでしょうけれど。

毎日使う家電。そう、毎日使うんですよ、我が家では。
だからこそ、大切に満足度高く使い続けられるものを選ばなくちゃなと
あらためて思っている次第。

冷蔵庫なんかも、きっとそうなのかな?




posted by yukiko at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年02月12日

コインランドリー

家の洗濯機が故障し、20年ぶりぐらいにコインランドリーに行きました。

確か結婚してすぐの頃に、洗濯機が小さすぎて梅雨を迎えてどうにもならず
コインランドリーに行ったことが1度あったと思うのですが、近くにある、と
気楽に考えていたコインランドリー、全然近くにはありません。
車でゆうに20分もあろうか、という所が一番近くで、徒歩は無理!と思った次第。

そのコインランドリー。いやぁ進化しているんですねぇ。
まず大きい。
8キロ洗い用のものが一番小さくて1台しかなく、あとは14キロ、21キロ。
もうこれは、コインランドリーというより、街のランドリー工場って感じ。

いけない!洗剤持ってくるの忘れた、と気づいてすぐ近くのコンビニで洗剤と
柔軟剤を買って行ったのですが、え?洗剤を投入する口がないんですけど???
よ〜く説明書きを見ると、洗濯物を入れてドアを閉めると、勝手に計量して
洗剤と柔軟剤を適度に調整して投入される仕組みになっているらしく、つまり
こちらは昔のように洗剤や柔軟剤を持っていく必要はない、ということで。。。

それでも、10キロ近い洗濯物を洗濯して、少しは乾燥して、となると最低でも
1時間はかかるよね、と踏んでいたのですが・・・これもびっくり40分足らずで
済みました。大きい洗濯槽で、ざっくりばっくりがんがんと洗うので、綺麗に
なるし、よく乾くし、これで600円。いやぁ、進化だ。

それにしても、ってことは、市販の洗濯機もきっと進化しているに違いない。
電気やさんにも言われたしなぁ。
「1週間に8回使用ってことは1年間に少なくとも350回=7年使用で2500回は
使ったわけですから、もう寿命ってことじゃないですかね。普通のお宅で
1週間に4~5回のペースで年間200回として7〜8年持てばよいと言われていますよ!」

お〜〜〜そうだったのか。普通は2000回も使えば寿命なのに、2500回も頑張って
くれたのかぁ。と、考えて真剣に買い換えようと検討しているヤマガミです。
posted by yukiko at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年02月08日

3年

石の上にも3年・・・一つの節目として、区切りとして
3年という期間を意識することが、よくあります。

この頃話題なのは恋をすると恋フェルモンという物質が脳から
出るらしいのだけれど、その最大期間が3年間ということ。
つまり恋の賞味期限は最長で3年間であるという研究結果について。

人が恋をすると、恋フェロモンに伴って脳にドーパミンという心地よさ
愉しさを生みだす成分が多量に流れだすらしいです。
ドーパミンは勿論、恋に伴うだけでなく、例えば私がとても上手くピアノを
弾けた時なんかにも流れるのですけれど。

でも、恋をするといつでも、ちょっとしたきっかけで・・・相手の声が聞けただけでも
ちょっと顔が見られただけでも・・・このドーパミンが大量に流れ出す。
でも脳にとっては結構大変な状態なので、最長でも3年で終わる仕組みになっている
ということらしいです。

きっと恋といっても人に対してだけではなく、例えばギターに夢中になるとか
テニスに通い詰める、などなど物事に対してもなるんだと思います。
そして、結果としてその3年間に何か、未来へ繋がる確かな感覚や技術や信頼関係
などが育っていれば、恋フェロモンの期間は終了しても、新たな領域=愛情関係を
自分に対しても相手に対しても、そして何か物事に対しても育てられる=に
入っていかれるのではないかしら。

もし、夢中になれる物事や人に出会えたら、頑張って3年続けてみて、それから
本当の答えを見つけられるのかもしれませんね。

もう40年以上、夢中で弾いているピアノ。こんな一生ものに出会えた奇跡に
あらためて感謝。そしてこれからも大切に育てていこうと思っています。 


posted by yukiko at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年02月01日

発表会終了!

一昨日、葡萄の会31回発表会が、無事終了しました。

出演してくれた生徒さん達、ご父兄の皆様、ゲストの信平さん
お手伝い頂いた方々、本当にありがとうございました。
お陰さまで、とても今回も!良い会になりました。

今年はインフルエンザの襲来で、3人が急に欠席という事態。
それも前日深夜に電話がかかってきて一人、当日の朝一人
そして、会が始まってからもう一人、と正に直撃でした。
30年やってきて、こんな事は初めてかも、です。

でも、出演出来た生徒さん達は、皆、本当によい演奏でした。
ほっとするし、嬉しいし。
ゲストの井上信平さんも、ずっと聴いていて下さって
「とっても良かったよ!」と褒めてくれました。
ヤッタ!

その井上信平さんとの3曲。ピアソラのタンゴ2曲は12月に初めて
舞台にかけていたもので、The Way we wer(追憶)は、もう
レコーディングを含めて4回目となりましたが、ずっと聴き続けて
くれている周りの人達から「また進化しましたねっ!」というお言葉♡

そしてこれは、きちんとした形では初めて舞台にかけた、私のソロ
モーツァルトの「きらきら星変奏曲」〜!!!
これも、思っていた以上の、というのか思っていた通りの演奏が出来て、
子供達も大人の方々もとっても愉しんで下さって、幸せでした。
11月から本格的に取り組み始めたモーツァルトですが、少しずつ形に
なってきて、本当に面白いし、弾きたい!って意欲が出てきます。

タンゴ&ラテン&フラメンコというダンスミュージックとモーツァルト。
どういう繋がりがあるのかはわからないけれど、どの音楽も聴いた瞬間から
楽しくそして幸せになれる、という点が似ている気がします。
そして今、私はそういう音楽を弾きたいし、聴いてくれる皆さんと共有したい
と思っているんだなと感じています。

寒い冬です。
でも寒さも、温かさと同じく、生きている証だと思います。
地球の鼓動。自然の大きな摂理。
縮こまっていないで、この生きてある瞬間を大いに生きる。
その想いを生徒さん達と、聴いて下さる皆様と共にして
これからも行くんだと、あらためて思っています。
posted by yukiko at 01:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記