2012年01月03日

3が日

2012年のお正月の3が日が過ぎて行きますね。

結構アクティブな3日間を過ごしたヤマガミ。

初売りにも出かけたし、初もうでも新宿の花園神社&三鷹の深大寺と
神社にお寺にとぬかりなく、お墓参りもしました。
来客もあり、訪問もし、ゲームで遊び、料理も一杯作り。
最終日の今日は駆け込みで初フィットネスも!
あ〜気持ち良かった。

今年の御節というのかお正月料理は、少し目先を変えて作りました。
煮物、玉子焼き、黒豆、角煮、蛸の酢のものなどは普段通り手作りします。
紅白の蒲鉾と伊達巻は紀文のもので、栗きんとんは小布施堂。

今年は生ま酢をやめて、サーモンのサラダ風。
玉葱、赤と黄色のパプリカ、セロリのスライスを塩水にさらして
固く絞り、カイワレ大根とスモークサーモンを加え、
オリーブ油&すし酢で和えます。仕上げに黒胡椒を振って
赤、黄、オレンジ、白、黒、緑と目にも鮮やかで美味しい一品。

ウニの瓶詰を頂いていたので、いつもは松前漬にする数の子を
ウニ和えにしてみました。葱の小口切りとわさびをたっぷり混ぜて
お酒の共には最高!ですね〜

頂き物のハムや、暮に作り置きしておいたミートローフなど肉類を加え
苺やみかん、栗ようかん、あられなどはデザート。

三鷹の両親のところにでは、必ずちらしずしが出ます。
筍、牛蒡、人参、椎茸、蓮、かんぴょうをだし汁とお醤油味醂で煮て
寿司飯と混ぜ合わせ盛り付けたら、父特製の錦糸卵たっぷりとでんぶ
きざみのり、大葉を上に飾り付けて出来上がり。

いつも母と父が準備したものを、私が着いてから母と一緒におしゃべり
しながら仕上げていきます。今年は娘二人も参加。
楽しいお正月ならではの女性三代の行事。こうやって伝統を受け継いで
いかれたらいいなぁと、しみじみ思います。


さぁて、明日からは日常が戻ります。
次女は早速大学の授業。息子は部活。長女は受験勉強。
お弁当も始まるしね〜〜〜

いよいよ2012年の本格的な始動ですっ!
posted by yukiko at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記