2012年01月01日

2012年明けましておめでとうございます

皆さん、あけましておめでとうございます!

ちょっと曇り気味の東京の元旦ですが、雪の凄い所も多いみたいですね。
何にせよ、無事に家族で祝えるお正月を迎えられて、感謝です。

30、31日は本格的に大掃除とおせちづくりでした。
お正月は我が家に両家の家族が集まるので、毎年のことながら
掃除片付け料理とかなり頑張って張り切ってやります。
年々、子供たちがやり方を覚えて任せられる範囲も多くなって楽しいのです。
それでも、毎年ゴミの多さ、不要物の多さに反省。
仕方ないのかなぁ、どこでもそうなのかなぁと思いつつ、なんでこんなに
いらないものをため込んでいるんだか、とため息も。

でも、感謝してすてて、すっきりと新年を迎えます。

花を活け、玄関や水回りに飾りをして、新しいタオルや敷物を用意し
作り終えたおせちをお重箱に詰めて、祝い箸、お雑煮用の汁椀を出す。
朱塗りや金銀の装飾を施した漆器はお正月ならではの楽しみ。
華やかさと厳粛さとを演出する楽しみは、日本人としての喜びですね。

2011年は震災と原発の事故と、民主党政権のごたごたと、欧州とアメリカの
経済的破綻から来る経済不安…様々な試練が次々と襲った年でした。
その中で、だからこそ日本人は今までより多くを感じ考え、生きることに向かいあった
という風に私は感じています。

2012年、そしてその先の未来。人が人を幸せにしていくことの大切さを
お正月の準備をしながらあらためて考えています。
おもてなしの心。一年に区切りをつけて寿ぐという伝統。

共に生きる。共に幸せになろうと力を尽くせる、その幸せ。

今年も、どうぞよろしくお願いします。
posted by yukiko at 16:16| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記