2011年06月30日

あ〜!や・る・こ・と・いっぱいだ〜!

CDの発売に向けて、そして8月19日のCD発売記念コンサートに
向けて、とにかく色々やることが一杯。

そこに、7月18日は大人の発表会、21日はイプシロンの検定。
そこから夏合宿があるし、夏休み向けの広告も打たなければならない
etc,etc,のイプシロン的経営事情が、7月後半に向けフル稼働。

当然レッスンは休めないし、コンクールや音大の前期試験もあるから
そう、本当に、幾つ頭脳と体があったらいいんだ?

普段から相当忙しいので、3人分くらいは何とかなるんだけど
今は多分、母親業、主婦業、ピアノ教師業、オフィス系営業、
ピアニスト業、演奏家的営業と、6役くらいこなしている感じ。

もう一人は絶対に必要だなッ、クローン有紀子が〜〜〜

だ〜れか、代わりはいないんか?

・・・・・書いてる暇あったら、やれってか?
そうだな。とりあえず、母親業&ピアニスト業に戻りますっ!


posted by yukiko at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

沈静

今日はちょっと久しぶりに、イシュタ・ヨガ・75分のレッスンを
やってきました。

先週は会合があって出られず、先々週は録音、その前は練習、で約1か月ぶり。
実は、本腰を入れてヨガをやろうと、わざわざヨガマットを注文。
やっと購入していたのに、その途端に出られなくなっていたので
初のヨガマットを使ってのレッスンでした。

ヨガは、深く呼吸を繰り返し、内省していくことでそのポーズが作られて
行きます。ただ身体が柔らかいとか、ポージング出来るだけではヨガに
なりません。身体が柔らかいことより、難しいポーズが操れるより大切な
ことは、呼吸と内省なのです。

自分の身体の内側、心の中に深く呼吸と共に入り込み、感じて、そして
沈静していく。アクティブなポーズであってもそれがとても大切です。

普段の生活の中で、本当は一日の終わりにこういう瞑想的な時間があると
とても良いと思います。でも、忙しくて疲れて、中々落ち着いて内省する
時間を特別に取ることは難しいかもしれません。だからこそ、こういう
レッスンを毎週重ねることで、そんな習慣、気持ちの良い深い時間を
持ちたいと思えてくる様な気がします。

久しぶりに受けた75分。本当に気持ちのよい、深い時間が過ごせた事に
感謝です。今晩は、とても深く眠りにつけそうです〜!


posted by yukiko at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月28日

トラックダウン1日目

今日は先日録音したCDのトラックダウン第一日目。
Yogoさんとの連弾&ソロの3曲を済ませました。

場所は武蔵小金井から五日市街道の方へ少し行った、葛巻さんの
スタジオ。葛巻さんは=くずちゃん)凄腕のミキサー&編集者です。

録音当日は10本のマイクを会場、ステージ、ピアノと駆使して録音。
どんな音に録れているのか、すっごく楽しみにしていました。

Yogoさんとの連弾は南クンのタンゴとラヴェルのボレロ。
録音当日まで、結構試行錯誤を繰り返しながらの練習でしたけれど
当日、回を重ねるごとに飛躍的にインスピレーションやリズム感や
和声の崩し方などが融合してきて、どんどん面白くかっこよく、
二度とない刺激的な音楽に録れたこの2曲。

思っていたより、もっと面白くて、カッコイイ。
表現の幅広さ、奥行きの深さが録音なのに、凄くリアルに録れてる。
2曲とも、カットなし、差し替えなしの通しの最終テイクがをトラックダウン。

そして、1日目の録音の最終で、本当に一度きりインプロビゼーションを
混ぜながら譜面なしで弾いた、私のオリジナル作品「祈り」

プロデューサーのMickさんに、譜面を書かないでその時の気持ちや感覚で
YUCOとしてのオリジナルな世界観を、震災後の祈りや願い、想いをこめて
弾いてほしい、と言われていたそのままを、弾いた私の初めてのオリジナル作品。

透明感と、祈りと、静けさと、熱い想いの詰まった、そして1回きりの
そういう切なさの様なもののある、演奏でした。
自分でも、こんな風に満足のいく曲と演奏が出来て、幸せだなと、感じました。

明日は、CDをどこのレーヴェルから出すか、の問題で、取りあえずキングへ。

録音が終わっても、そこからが勝負!みたいに忙しいですけれど
本当にいい音が録れているので、頑張って、走っていきたいです!

くずちゃん、Yogoさん、YouさんMickさん、Thanks!
posted by yukiko at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月26日

あぁ、だからコンクールって嫌い

今日は、近くのホールで今一番日本で大規模な子供〜学生のためのコンクールの
予選があり、久しぶりに聴きに行ってきました。

わかってはいたんですけどね〜
毎回、毎回、何度聴いても、何度足を運んでも、
とんでもない気分になるってことは。

本当に、どうやって審査するんだろう。あんな風にあまりに同じ様に弾く
金太郎あめの様な演奏を、どうやって区別して審査するのだか、わからん。
たまに、本当にたまに、20人に1人くらい、自分の感性に従って本当に
楽しそうに弾く子がいます。そういう演奏を聴くと本当にほっとします。
でも、そういう子は落ちるのよ。

テンポも同じ、フレーズの作り方、音の切り方、ニュアンスの作り方、全て
判で押したように、同じなんです。そりゃ、違うって言えば微妙に違う。
女の子と男の子の音や感性の差、年齢の違い、太っている痩せてる、みたいな。
でも多分、こう弾きなさいっていうCDが売られているので、その通りに
先生も必死、本人たちも必死に弾くんだろうなぁ。だからあぁなるんだと
思いますね。日本人って真面目だし、他と違うことを嫌うしね。

でも、音楽ほど個性っていうのか感性を出せる領域はないじゃないですか!
なのに、まるで難しい方程式を見事に解いてみせるような演奏。
もしくは一糸乱れぬパレードを観ている様な感覚。

でももちろん、技術の習得のためには模倣も、訓練も、修行も必要なわけです。
ただ、それはあくまで表現の為、音楽に為であって、技術の為の訓練ではないし
まして、コンクールに合格するノウハウを取得するためじゃない。

でもなぁ、受けるとなれば受かりたいしね。
せっかく努力するなら、賞が欲しいでしょ。
だから、あぁなるんだよな〜〜。責められない。でも先生達も本人達も
そうだとわかってやっているんじゃない。最善を尽くしてるんだと思ってる。
そして不合格だった時、どうして、どうしたらって、
またさらに、ノウハウを追及しちゃうんだ。
音楽を追求するんじゃなくて。

インターネットがあって、CDがあって、情報が沢山ある。
だから、そういうノウハウが蔓延して、それが正義になる。
合格したもん勝ちみたいな。
でもね、音楽は絶対に勝負じゃない。
感動させるノウハウなんて、ない。

純粋に、ただひたすらに、自分を磨いて、求めて追いかけて
信じて勇気を持って、歩く。歩き続ける。自分を幸せにする感覚、音。
それが人を幸せにする。だから感動する。
人と同じ音を出して、どうするんだ?
今未熟だって、重くたって、べたついていたって、それがどうした?
金太郎あめみたいな音は、音楽の音じゃないのに。
綺麗なだけの音が、音楽になるわけじゃないのに。
そこに、あなたが生きている鼓動、吐息、五感。
それがあるから音楽になる。

それを信じて、弾く。教える。伝える。
肝に銘じるヤマガミです。

posted by yukiko at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月24日

節電対策

この夏は特に節電、節電、節電、に励まねばなりません。

皆さんは節電対策をもうしていますか?

私の所は自宅と2つの教室があるので、結構、必死。
自分のことだけを考えている場合ではないのです!

まず、サーキュレーター=扇風機は必須。
各部屋に一台、個人に一つ?みたいな感じ。
個人用の小さな乾電池式の扇風機が出ていますけれど、あれって
本当に役にたつのかな。試してみたい。特にミストの出るやつ。

そして照明器具。変えられるモノはLED球を使うタイプに変え
変えられないものは、明るさを3分の2くらいに落として使う様に。

冷房の設定温度は28度。冷蔵庫の設定温度も低に。
教室にある冷蔵庫は壁から3センチ程離して置き直しました。
こうすることで、冷房効率が上がり結果的に節電になるというので。

あとは、何が出来るのかな。
緑のカーテン作り?それは毎年やっています。 
今年のカーテンは先日写真をUpしたミニ胡瓜とインゲンとトマト。
トマトも鉢を合わせると2m半を超える緑のカーテンになります。

今年は更に寝るときに敷くマットタイプの保冷シートを購入。
頭を冷やすモノは元々あるので、これがあれば夜の冷房は要らない!

夏休みの間は教室のレッスン時間を6時までにしようかと考えています。
そうすれば、計画停電でも暗くて出来ない、とはならないから。
冷房がストップするので、生徒さんと先生用に個人的扇風機と
首に巻くタイプの保冷グッズを用意しておこうかな、と思っています。
やっぱり暑くちゃレッスンにならないもんね。
それらを探して、ネットサーフィン。
どれも同じに見えるけれど、この頃ではネットだと個人の感想や
評価点がついていたりするので、購入する目安になるかなっと。

そんなこんなで、夏本番に備えて奮闘するヤマガミです。


posted by yukiko at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月22日

夏野菜の初収穫!

昨日、今日と暑い!ですね。

庭の野菜たちもぐったり
一つ一つに丁寧に水をやります。
そして、ふと見るとインゲンがっ、ミニ胡瓜がっ、トマトがっ!
初収穫を待っていました〜!

何度やっても何年育てても、この瞬間の感動は胸キュン!です。

いいこ、いいこをして少し肥料もあげて、頑張る様にと
言い聞かせて、そしてレッスンに向かったヤマガミでした。

力が湧いてきますっ!
写真Up!


110622_123426.jpg

110622_123356.jpg

110622_123333.jpg
posted by yukiko at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

動いている何か

録音が終わって、ライナーの事とかジャケットのデザインとか
トラックダウンの事やレーヴェルのこと、インターネット展開
について、とか、周りが一生懸命動いてくれているのが、わかる。

すっごくありがたい。

とてもいい音が録れて、だから、これを売りたいというか
よりよくアピールしたい、出来るだけ多くの人に知ってもらいたい
この素晴らしい音楽を共有したい、と、MIckさん、Youさん、aBeちゃん
それを取り巻く人々が、様子を伺いつつ本当に心から楽しんでそして、
真剣に色々なことを考え、提案し、そして何かの形、力につなげようと
している、そのパワーが見える。

そして、私は、つくづく自分は演奏家なんだなぁと思う。

舞台、パフォーマンス、録音。そこにピアノがあって、弾くことができる
ならどんなに過酷でも、はじけていても、厳しくても頑張れる。

でも、ピアノのない分野になると、めげる。
本も沢山読むし、詩も哲学も語る事は出来る。
でも、自分を語り、自分の音楽をアピールするとなると
言葉を失ってしまう。
名刺ひとつ、持ち歩けない、差し出せない、とても臆病で
引っ込み思案な私がいる。

誰も信じないんだけど。
そんな私がいることを。

posted by yukiko at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月20日

アン・ストッパブル

疲れが中々取れないまま、昨日は友人出演のオペラへ。

青島先生演出のあり得ない「魔笛」。面白すぎてお腹が痛い。
こういうオペラだったら、誰でも面白く観れるんじゃないかなぁ。
かなりキワモノなんだけれど、モーツァルトの曲だから
どれだけ演出で崩しても、音楽の素晴らしさは伝わるし。

そして今日は朝から三鷹でレッスン。さっきまで観たかったのに
見損ねていた大好きなデンゼル・ワシントン主演の実際に起きた
貨物車の暴走事故を大迫力で描いたアン・ストッパブルをDVDで
観ました。

最初から手に汗握る展開。あ〜もうドキドキハラハラ。心臓が持つか?
というくらいの映像。そして、正に男儀の極致、かっこよすぎるワシントン様!
涙が出るくらい、ヒューマニズム=真の男子の在り方!を演出した
脚本にブラボ〜〜〜!!!

疲れは、魔笛とアン・ストッパブルで、飛んでいけ〜〜〜

ということで、明日からは再び元気一杯のヤマガミで行きたいと
思っています。

posted by yukiko at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月16日

CDの全10曲録音終了!

昨夜遅く、と言っても最終的にホールを出たのは9時でしたが
とにかく残り7曲、全10曲の録音が無事に終わりました。

何とか終わらせた、と言うのではなく、本当に充実したある意味では
思っている以上の、期待していたより凄い音が録れたと思います。

一昨日のYogoさん、昨日の信平さんとミスターSuzukiという3人の
本当に優れた共演者を得て、これまでにない世界、領域を表現できた
し、斬新と言うのとは違うし現代的というのでもなく、とにかく
今までありそうでなかった、でもきっと聴いたことのない素晴らしい
世界が広がった感じです。

ゆっこさん、タフだね〜とMickさんに励まされつつ、沢山の人達に
力をもらって、2日間全力で録音出来たことを、本当に神様にも
みんなにも感謝しています。

これからジャケットのこと、チラシのことなど始まります。

流石に今日は疲れて、身体が思うように動きません。
あぁ、頭も働かないなぁ。

明日から、またっ!
posted by yukiko at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月14日

録音第一日目・終了

終わりましたね〜!第一日目の録音がっっっ

すごく、良かったと思います。

Yogoさんも、とっても頑張ってくれましたし
スタッフ全員に感謝です。

ピアノの音色がとっても良くて、響き過ぎるくらい響いて
弾いていて気持ちいい!
Yogoさんと、まず南クンのタンゴを試し弾きしながら、テンポや
リズムや間の取り方を、ホールの響きに合わせて修正していきます。

試し録りしたものをプレイバックで聴きながら、音量やニュアンス
の調整。5分半くらい?と思っていたタンゴですが、良く響くので
やはりテンポや間合いが少し遅く長くないと、粘りや切れ味もでません。
なので6分半という、何だか大曲な感じなりました。
聴いてくれている、aBEちゃん、Kohe-クン、Mickさん、うちの娘も
「かっこいい!」って言ってくれるけれど、中々これっていう決め手の
ある録音に至りません。
まぁまぁに出来上がったところで、ラヴェルのボレロへ。

これは、たたき台は正しくボレロ何だけれど、和声やリズム感を
もっとファンキー&トリッキーに崩して遊んで弾こう!と思っていて
弾くたびに、コード進行も間や強弱の付け方も全部変わります。
それが弾くたびに少しずつYogoさんと私の感覚が絶妙にMixしていき
どんどん良くなっていって、最終的にはずっごく楽しくて良い演奏が
録れたんではないかなぁと、プレイバックを聴きながら思いました。

そして又、タンゴに戻り、もう一度録音が始まったのですが、ボレロ
で築かれた信頼感とか、一体感の様なものがそのままタンゴに反映されて
ホントに、カッコイイ!タンゴが録れたと思います。
万歳!

でも、もうへとへとです。あぁ〜毎回、録音の時ってこうなんだけど
もう明日は弾けないんじゃない?ってくらい疲れるの。
でも明日になると弾けるんだよね。

これから少し練習して、ストレッチして、お風呂入って、明日の準備。
そう明日だってお弁当もあれば、夕食の支度だってあるんだからさ。

毎日かあさんの私。そういう私の音楽。
だからふんばれるというのか、頑張れるのかな。

さぁて、では又!明日〜!
posted by yukiko at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月13日

録音だっ!

いよいよ待ちに待った録音が明日から始まります!

今日はYogoさんとプロデューサーのMickさんが来てくれて
最終チェックと合わせでした。

Yogoさんとは3回目の合わせになるのですが、明日が録音という
良い緊張感も手伝って、何とも言えないYogoさんとならでは!の
ミックス感覚というのか、混ざり合うサウンド感が出てきて、
本当に面白くなってきました。

彼とラヴェルを弾いていると、どこからそんな音が湧いてくるのかわから
ないのですけれど、とってもトリッキー&ファンキーな和音やリズムが
ふぁ〜っと浮かんで、自然に手が動きだすのです。
これはとっても新鮮な!体験。Yogoさん自体はトリッキー&ファンキー
に弾いているわけじゃないのに…明日はきっと・おもろい・サウンドが
二人で作れそうな気がしています。

明日はYogoさんとの連弾を2曲。結構これが2曲とも長い。
南クンの「タンゴ」は本当にかっこいいですね。
Yogoさんの的確なリズムに乗って、私はタンゴを思いっきり情熱的に
そしてスタイリッシュに踊りまくるっていう感覚かな。
途中Yogoさんのソロがあり、ここがまたYogoワールドでいいんだなっ!

そしてラヴェルのボレロ。これは皆さんよくご存知だけれど、
連弾でしかも和音やリズムをかなり自由に、即興でアレンジしながらの録音。
スリリングかつおもろい曲作りを目指します。

そして多分明日は、アンコール的にCDの最後に置かれる私のソロ曲を
録ると思います。これも即興的に、私のオリジナルで録ります。
震災、そして再生にかける思いを音に載せられたらいいなぁと思っています。

明後日に信平さんとミスターSuzukiとの録りがあります。

信平さんと映画「追憶」のテーマ曲。あのバーブラ・ストライザンドの名唱で
有名なバラードを、私のアレンジでデュオします。
同じく私のアレンジで、ショパン前奏曲第4番。途中モントゥーノというラテン
のリズムで激しく切なく狂おしい恋の歌を、二人で奏でたいと。。。
それから原博さんのプレリュードイ短調を信平さんにオブリガート的に入って
もらって演奏します。原先生の和声進行はつけ入る隙がないと信平さん、嘆いて
いますけれど、それだけ完成度の高い演出が出来るのではないかな。

ミスターSuzukiとは、彼の親友であり故人となった本多ゆうやさんの
「ココナッツの優しいデザート」甘く優しく、ふわっとしたすごく良い曲。
そしてチック・コリアの「ラ・フィエスタ」内田さんの編曲が、超難しいけれど
超カッコイイ!Yogoさん作曲・私のアレンジのイントロも雰囲気満点です。
3曲目がラフマニノフのチェロソナタ第3楽章。チェロでやっても本当に名曲で
すけれど、バリトンサックスで吹くと、魂を揺さぶられます!

そして3人で南クン作曲の Ies Nesr of Gnos  
え?どんな意味かって?反対から読んでみてくださ〜い!
光を帯びた疾走感、スタイリッシュな和声、自由な空気感。
サイコーです。

と、いうわけで、頑張ってきます!
応援してね〜!!!


posted by yukiko at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月11日

全力

スイマスイッチの曲で「全力少年」というのがあるけれど
こういう時は、何だかその曲を口ずさんでいたりします(笑)

自分の細胞とか神経とか筋肉や気持ちが、一つの目的に向かって
びびびっと屹立して、ずんずん歩いて行く感じ。

あ〜、久しぶりだなぁ、こういう感覚、このたまらない緊張感。

昨日、信平さんと合わせたのですが、そういう感覚が彼にも
伝わるのか、サウンドがとても洗練されたね、すっごくイイ感じだよ
と言われました。でも、まだまだ。ここからですよ。

さぁてと、アレンジの詰め。そしてとにかく弾く事。
リズムを感じて、音の世界に浸って、追い求める音楽を煮詰めて。

全ての細胞よ起きなさい!と心が命令していますね。
全力で立ち向かえるものがある幸せ。
この昂揚感。そして情熱。

やるぞ〜っ
posted by yukiko at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月09日

背骨

背骨ってのは、象徴的な意味でもそのまんまの意味でも
とっても大切なものですけれど、毎日意識したりしない。

でも、ここのところ背骨を分刻みに意識しています。
練習している間も、そうでない時も、ずぅっとリズムを刻んでいます。

リズムを身体に浸透させて刻みこんで、血肉になるまで漬けておく〜
みたいな。そうすると背骨を意識している自分に気づきます。
リズムを刻む=背骨を意識する、ようなんですね。

それで、背骨が凝ります。
肩こりのように(笑)

録音までは、追い詰められていくような緊張感があります。
でもそこからしか、良いものは生まれない。
追い詰められ、追い込まれ、切羽詰まって
自分の神経や肉体や精神が、ぎりぎりの処で必死にバランスを
取ろうとする。持ちこたえ、そこから何かを見出そうとする。

あと一週間。
今がまさに、そんなピークです。

ところで、
背骨のコリって
どうやってほぐすんだっ???
posted by yukiko at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月08日

暗譜かぁ

毎日毎日、合わせとか、CD関連の色々があります。

昨日はミスターSuzukiと合わせました。
プロデューサーのMickさん、ライターのYouさんも一緒です。

結構、長時間の合わせ。
録音前の最後の詰め、ですね。

ラ・フィエスタの後半部分、ちょっと牧歌的というか明るく穏やかな
部分のリズムが、それまでのフラメンコから変わります。
その変わった中にフラメンコがチョイト出てきたり、聴いていると
和やか穏やかなのに、リズムはかなり複雑になります。
そのリズムがあんまり難しいので、必死に練習して準備しましたが
返って癖というのか、私の感覚で弾けてしまったようで。。。

ミスターSuzukiと何百回と同じリズムを繰り返し合わせました。
一見、どうってことのない、単純にも聞こえるリズムが、実は細かく
緻密な裏付けのある、微妙なリズムなのです。

何百回と繰り返した後に、暗譜で弾いてみて!といわれて
弾きました。その時にふわっと自然にリズムが寄り添えました。
楽譜を観て頭で考えて、という見た目から離れて耳を頼りに身体で
感じて弾くこと。それが出来た時に自然とリズムが身体の中に入ってくる。

全部を暗譜で弾くことは、あと1週間では無理だけれど、そんな風に難しい
リズムや複雑な個所ほど譜面から離れる必要があるなぁと切実に思いました。

がんばりますっ!
posted by yukiko at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月04日

大磯

明け方から車を走らせて、大磯まで撮影に行ってきました!

本当に良い天気。晴天です。ホント私ってやばい程の晴れ女!!!
今日だって曇り時々晴れの予報が、雲ひとつない晴天ですっ。

途中豊玉陸橋でMickさんを拾い、中野でaBEちゃんと待ち合わせ
運転を代わってもらい、車内でメイク。切れ長の目、眉そして
仕上げはストロベリーブロンドのボブのウィッグ〜”!
新しいイメージ、新しい名前の私のプロフィール写真。
あ〜〜わくわく。

大磯に到着。カメラマンのKoheクンが見当たらないっっっ
電話も繋がらない。捜すこと1時間近く、やっと合流だよ〜〜
砂浜を歩きまわると、結構足は疲れます。
ひざ下を撮る予定だから、ふくらはぎとか疲れちゃだめでしょっ!

位置を決め、アングルを決め、何度もカメラの露出とかを打ち合わせ
撮影です。結構、足だけだけれど緊張するんだなぁ。
でも緊張すると足がつっぱるから、だめなの。前に体重を預けて足を
少しリらっくすさせるのに、ライターのyouさんが傘の柄を支えに
持ってくれます。ありがたい。こういう配慮に涙が出るよ〜

そんなこんなで大成功のうちに撮り終えました。

うん!絶対に良いはずだっ!!!

そこから今回の録音ホールにMickさん aBEちゃん Koheクンを落として
私はレッスンに全速力で戻ります。

楽しかった!!!

でも、とんでもなく、忙しいヤマガミですっ!
posted by yukiko at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

これから

ただ今夜中の2時過ぎ。

もう少ししたら、CDのジャケットの撮影に出発です!

大磯まで・・・
夜明け&朝の光で、私の脚を撮影するらしい・・・

眠いで〜〜す!”

頑張りま==すっ!

行ってきますっっっ〜〜〜!
posted by yukiko at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月02日

雨だけど

今日は寒かったですね。17度っていうけれど部屋の中でじっと
していると、しんしんと寒くなる感じ。

毎日、飛ぶように過ぎていきます。
今日は朝から、与野教室の電話が繋がらず、Softbank社と原因究明や
手続きや段取りにばたばた。
8月19日のコンサートの件で、チラシデザインやコンサート広告のことでばたばた。
秋からの教室の新展開で広告方法など、ぱどの担当者さんと打ち合わせでばたばた。
夕方から生徒たちがきてレッスン。これから練習。買い物して明日の準備。

明日は朝からヘアメイクさんとの打ち合わせ。それからSoftbankの技術師が来て
(電話を復旧させてくれないとね〜)陽悟さんが来て、合わせ&練習があります。
その後に生徒さんたちのレッスン。そしてあさっての撮影の準備。

雑用というのか、細々した日常のことや教室のことなど山積みで
毎日、練習は夜中にしかできなくて。毎日、寝不足。
でもやるしかないし、やる気はまんまん。

さぁて、これからまだ2仕事も3仕事もあるぞっと〜〜!

がんばれぃっ!ヤマガミ!
posted by yukiko at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記